心の自然治癒力を高めるために最も大切なことの1つ

心の自然治癒力を高めるために最も大切なことの1つが、「本当の自分の感情」を感じることです。この感情を抑えるから病んでいくのです。逆に抑えずに、しっかり感じていくと心の自然治癒力も高まりやすくなります。

本当の自分の感情を感じると、心の自然治癒力も高まる

次の文章は、心の問題を根本から解決するための教材「サヨナラ・モンスター」に取り組んだ参加者様の本当の声です!

「生活が成り立たないほどの強迫性障害ではないが、1日がその癖により何となく思考停止したままぼんやり終わっていたが、自然治癒的にじわじわと行動変容への意欲が高まって途上だが少しずつ改善されてきた。」

引用元:【匿名希望・女性】強迫性障害のような状態が少しずつ改善。「回復してきた実感がある」「行動を起こしやすくなった」恐怖克服「サヨナラ・モンスター」の体験談(生の声)

上記の引用文の中に「自然治癒的に…」とありますよね。先ほどお伝えしたように、「本当の自分の感情を感じると、心の自然治癒力も高まりやすくなる」のです。実際に自然治癒力が高まった参加者の方もいるのです!

サヨナラ・モンスターは「自分の感情」を感じる教材

こちらの参加者様は「自然治癒的にジワジワと…改善されてきた」と言いました。サヨナラ・モンスターには、心の自然治癒力を高めるために最も大切なことの1つである、「自分の感情」を感じることをしてもらっています。それがプラス(本人が改善を感じる)に繋がった理由の1つだと思います。

感情を抑え続けると病んでいく

感情を抑え続けると病みます。時に、爆発してしまうこともあります。ですので、抑えず、1つ1つ、丁寧に、しっかり最後まで感じきって終わらせておくことは、心の自然治癒力を高めるためにも大切なことです。僕自身、実体験を通して「間違いない」と思っています。

感情は消えない、だから使いきろう!

1度生まれた感情は消えない。そして、感じなかった未消化の感情は心の奥に残ってしまう。残った感情が増えていくと、問題を引き起こしてしまいます。だから、感情は抑えずに感じきって、燃料として使って、自分の人生の目的(幸せ)へと向かっていけば良いのです。