心の自然治癒力を高めるために最も大切なことの1つ

心の自然治癒力を高めるために最も大切なことの1つが、「本当の自分の感情」を感じることです。この感情を抑えるから病んでいくのです。逆に抑えずに、しっかり感じていくと心の自然治癒力も高まりやすくなります。 本当の自分の感情を感じると、心の自然治癒力も高まる 次の文章は、心の問題を根本から解決するための教材「サヨナラ・モンスター」に取り組んだ参加者様の本当の声です! 「生活が成り立たないほどの強迫性障害 […]

トラウマが酷くても諦めないで

トラウマが慢性化すると、苦手な人に遭遇するだけで、体が石のように固まり、蛇に睨まれた蛙になります。大勢の人がいる状況では、胸がざわつき、足が落ち着きません。苦手な人に見られていると思うと、胸が苦しくなり、息が止まります。逃げられない状況では、体は沈み込み、力が入らなくなります。 — 神戸のトラウマケア専門『こころのえ』相談室 (@e98SnMZJchhlqjt) July 15, 20 […]

「逃げてはいけない」と自分を虐待するよりも自分を自由にしてあげることが大切!

「逃げてはいけない」という「支配者の言葉」を信じたことで道を間違えてしまい、心が苦しくなっていきました。「逃げてはいけない」というのは、自分で自分を虐待することになる場合もあるのです。自分が嫌がっていることを自分にするのは自分への嫌がらせです。自分を自由にしてあげることが大切。 自分を大切に扱おう 自分を雑に扱うことに慣れ過ぎて自分で自分を粗末に扱うと、心が苦しくなったり問題が増えたりします。「自 […]

心の中の小さな自分との信頼関係を築こう

誰もが一度は自分を置き去りにしてしまう。 だけど、心の中の小さな自分は、 あなたのことを決して裏切らなかった。 そして、あなたの力で、 救い出してくれる日を待っています。 この心の中の小さな自分との信頼関係を築くこと。 それが「自己信頼」です。

なかなか消えない「恨み」は「転換」すればいい!

恨みの感情を持つことは誰にでもあり得ることです。不当な扱いを受ければ「仕返ししてやりたい」と思うことも自然なこと。そして恨みを無かったことにすれば心の奥で肥大化してしまい問題が増える。その恨みをストレートにぶつければ自分が加害者となる。大事なことは「恨み」の「転換」です。 恨みとは? まず恨みとは何かについて辞書を見てみましょう。 他からの仕打ちを不満に思って憤り憎む気持ち。 引用元:恨み/怨み/ […]

大人になっても親が嫌い?親に何かをしてほしいという気持ちがありませんか?

親に何かをしてほしいと思っているから? 大人になっても親が嫌いなのは親に何かをしてほしいという気持ちがあるから、という場合もあるでしょう。これは決めつけているわけではありません。 この親に何かをしてほしいという気持ちが消えると、親との関係がとても上手くいきます。親子関係ではなく、一対一の人間同士の関係となるので、自然な「ありがとう」も増えていく。大事なことは「適度な距離感を維持すること」で、そのた […]

目的のために自分で感情を創り出している

目的のために感情を創っている 感情は自然と湧くもの、ではありません。自然と湧いているように思えますが、「目的のために自分で創り出している」というプロセスがあります。つまり、目的が変われば感情も変わるということ。感情が変われば思考や行動も変わってきます。これら(思考・感情・行動)を統括しているのが「目的」や「信念」等です。 目的や信念が「思考」「感情」「行動」を支配している 無意識レベルにある目的や […]

「もう二度と傷つきたくない」と思うのなら「知る」を増やしてみよう!

完膚なきまで心を叩きのめされて心が深く傷つくと「もう二度と傷つきたくない」と思うこともあるでしょう。そして傷つくことが怖くなることもあるでしょう。そんな時に大切なことが「知る」ということです。 恐怖が教えてくれていること 恐怖は感情です。感情は何かをメッセージとして伝えてくれているものです。恐怖感情が教えてくれていること、それが「知るべきこと」なのです。恐怖が酷くなってきているということは「知るべ […]

「目的」のために「感情」を創っている!感情を創っていこう!

(https://emotion-plus.love/)こちらのページでお伝えしたことですが、「感情」はこれからの時代、とても価値のあるものになります。 その反面、映画「ロスト・エモーション」のように、感情を持つ事が悪とされる世の中になる可能性は否定できません。 勝手に感情が生まれると思っている子供(無責任)から、感情を自分が自由に創り出していく大人(責任者)へと、シフトしていくことが大切です。 […]